2012年フォトレポート。

雨、風、寒さ、そして高潮。今年のヴェニスマラソンは、27年の歴史の中でも最悪のコンディションとなってしまいました。そんな中、走り抜いたみなさんも、惜しくも完走できなかったみなさんも、本当に本当に疲れさまでした!


 今年の優勝タイムは2時間17分。いつもより9〜10分遅いこの数字が、コンディションの過酷さを物語っています。男子の優勝はケニアのキサング選手。女子はエチオピアのベダダ選手。


 サンマルコ広場を通り過ぎた、41km地点。この表情!ホントに辛そう。

中には笑顔を向けてくれた人も。ナイススマイル!

日の丸を持ってゴールへ向かう、日本人ランナー!がんばれ〜、もう少し!

ゴール手前で笑顔でカメラに手を振ってくれたMさん。

スタート前に着たビニール合羽が最後まで脱げないコンディションでした。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
↓ここからは、事務局スタッフが走りながら撮ったランナー目線のフォトレポートです。

スタートはヴィラピサニ前。強い北風、そして雨も降り出しました。

スタートして2kmぐらいの地点。これも旧い貴族のヴィラのひとつと思われます。

途中、教会の鐘が鳴り響きました。選手を応援してくれたのでしょうか。

前半は川下りクルーズで有名なブレンタ川沿いに走ります。

雨の中、演奏してくれていた鼓笛隊の少女たち。ありがとう!

20km過ぎのドロの街。歴史ある広場を通り抜けます。

29km地点の橋。降り続く雨と吹きつける風に、心が折れそうになった魔の地点。

いよいよ難関のリベルタ橋へ突入。約5kmのこの橋を渡り切れば、そこはヴェニス!

リベルタ橋中間あたりにある、35kmの給水ポイント。カップが宙を舞うほどの暴風雨。風にあおられまっすぐ走れません。もう、笑っちゃうような辛さ。ヴェニスが全然近づいてこない感覚。それでもみんな一歩一歩、歩を進めます。無言の中にも連帯感が。。。

ようやくヴェニスに入りました。ジュデッカ運河沿い。

そして、ヴェニスマラソンのハイライト、ランナーだけが通ることを許される浮き橋!

コースに14個ある橋の最後のひとつ。ここを渡り切れば、ゴールは目の前です。

ゴールが見えた!手がかじかんで、カメラが定まらず、変なアングルになってしまいました。

大変なコンディションの中、走られた参加者のみなさま、本当にお疲れさまでした。来年こそは晴れますように。以下、去年の晴れの画像を掲載して、快晴祈願!