ヴェニスマラソンコースマップ


















コースの特徴

ヴェニスマラソンのコースは、基本的にはフラットな高速コース。「難所」と言えるような箇所はわずかです。ひとつ目は、25kmから35kmの間にある、100m前後の短い坂。3〜4カ所あります。

コースがヴェニス島に入った後のラスト4kmは、島内に張り巡らされた運河をわたる14の橋越えがあります。ほとんどの橋にはランナー専用の木製のスロープが設けられ、段差を極力なくすよう整備されています。

ゴール手前100mをのぞいて、石畳の路面はありません。ラスト3kmは主に石板の路面です(石畳に比べて凹凸が少なく走りやすい路面です)。

マラソンコースはすべて交通規制し、一般車などは入れないようになっています。

距離表示は1kmごとにあります。

コースの見どころ

序盤の「リヴィエラ・デル・ブレンタ」と呼ばれるブレンタ川沿いのエリアには、18世紀の貴族の邸宅が建ち並んでいます。特にスタートライン横の「ヴィラ・ピサニ」は有名です。

ヴェニス島内に入るとすぐ、ジュデッカ運河沿いの堤防、水際のすぐそばを2kmほど走ります。

マラソン前夜、大運河に全長170メートルの浮き橋がかかります。ヴェニスマラソンのためだけに架けられるこの橋は、マラソンが終わったその日の夜には撤去されます。

ヴェニスのランドマークとしておなじみのサンマルコ広場とドゥカレ宮殿を走ります。

ゴールはリヴァ・セッテ・マルティリ。アドリア海を臨む美しいウォーターフロントです。